【護符の書き方】自分で書く作法を解説


開運グッズ.com
本文へジャンプ

開運グッズ.netのトップページへ

風水・化殺好転

化殺好転十二方位牌
風水盤

吊り下げ風水盤

風水メジャー(魯班尺)


風水・カエル

三脚蟾蜍

三脚蟾蜍(翡翠製)
大王三脚蟾蜍


風水・龍

龍亀

龍亀(翡翠製)

開運・水盃

山水龍の置物

双龍の置物

龍の置物(翡翠製)
春雷驚龍鍋

乾坤照寶九龍球


風水・ヒキュウ

ヒキュウ

ヒキュウ(翡翠製)
牛鈴


風水・四神

風水四神セット(猫目玉付)
八卦四神セット

四神相応について
四神獣について


風水・財布

呼び銭(發財銭)

財布に入れる縁起物・A
財布に入れる縁起物・B
財布に入れる縁起物・C

金運カード:白蛇

福財布

財布の色について
財布のお札の向きについて


ぶた貯金箱

金の豚貯金箱

ピギーバンク


風水・古銭

六帝古銭

十帝古銭

古銅銭剣

招財進寶八卦古銭
安忍水セット

大殺界とは何か


風水・獅子

獅子の置物

獅子牌

シーサー置物


風水・置物

元寶

麒麟の置物

九頭馬の置物

ひょうたん置物


風水・インテリア

馬蹄鉄

八白玉

五福臨門

招財進寶の竹製赤フサ飾り


風水・ステッカー

福ステッカー

キティちゃん・元寶ステッカー


風水・鏡

山海鎮平面鏡

金色八角鏡

龍虎八角鏡

ふくろう八角鏡

馬蹄型金色鏡

二十四山&八卦太極鏡

鏡の位置について


風水・財神

五姓財神セット

財神カード・関帝聖君
財神カード・福徳正神
財神3Dパネル(小)
財神3Dパネル(大)


風水・金紙

金紙・五路財神

金紙・福徳正神

金紙・天上聖母

金紙・八路財神セット
金紙・大壽金

金紙・福金

金箔金紙・招財

金箔金紙・福禄延寿
金箔金紙・五路財神騎驥
金箔金紙・五顕財神
先祖供養の方法について


護符・霊符

清水真人符

招財開運符

孚佑帝君符

孚佑帝君符カード
五路財神符

通天財神符カード
護符の書き方について


パワーストーン

ネット入り吊り下げ水晶(黄色)
ネット入り吊り下げ水晶(赤色)
ネット入り吊り下げ水晶(虹色)
多面カットクリスタルボール(透明)
多面カットクリスタルボール(黄色)
元寶(水晶製)

金針水晶

水晶の浄化方法について



>【護符の書き方】自分で書く作法を解説

護符の書き方について     


特別なものでない限り、護符は白い紙に黒い墨で書けばよいのです。筆に慣れてないからとか、うまく書けそうにないからとか、などといった理由で躊躇する必要はありません。

 

なによりもあなた自身が書くことが一番大切なのです。そうすることによってあなたの心が護符に移り、効果を高めることになります。

 

次の七つの原則を厳守すれば、誰にでも霊符は書くことができます。

 

 

1.心身を清めること

 

護符を書写する前には、心身をきよめましょう。斎戒沐浴をすることは非日常的で不可能でしょうから、その日は酒や肉を避け、シャワーを浴び、口をすすぐとよいでしょう。

 

そして清潔な衣服を身につけてください。書写する時だけでなく護符を所持している間も、清浄な気持ちを忘れないようにしてください。

 

 

2.用具を清めること

 

 護符の書写には普段使用している筆や墨を使ってはいけません。護符専用のものを用意してください。高級なものである必要はなく、筆ペンでも構いませんが、紙などすべての用具も清めなければいけません。

 

 清めには、神社の御神水や清潔な水にひとつまみの塩と少量の日本酒を入れて、穢れを祓う気持ちを込めて用具に振り掛ける方法があります。

 

 または、「神火清明、神水清明、神風清明」という短い呪文を唱え、清めたいものに対して、フッフッフッと勢いよく三度息を吹きかければよいのです。

 

 部屋や机も清掃してください。

 

 

3.護符を信じること

 

 護符を書写するときには、その護符に対する至誠の念が大切です。また使用している間も、疑いを抱いているようでは効験は望めません。効果が現れるまでに時間がかかろうとも、次から次へと別の護符を試してみるなどということは絶対してはいけません。

 

 

4.護符を正しく書く

 

 護符の効果が現れないというとき、最もよくある理由は書き間違いなのです。護符の図譜は宇宙を著したもので、一点でも誤れば効果が現れないこともあります。上手に書けなくても、間違いのないように細心の注意を払ってください。

 

 

5.護符を大切に扱う

 

 護符を身につけて使用するときは、穢れがつくことを防ぐためにも、他の紙に包んで用いてください。

 

屋内に貼るときは、目よりも高い位置に貼り、敬意を込めて扱う必要があります。紙の大きさは各自の好きなサイズで構いませんが、身につけるなら小さめ、部屋に貼るなら大きめ、大切に扱うことができる寸法にしてください。

 

 

6.護符を人に見せないこと

 

 護符を人に見せびらかすとか、使用していることを話してはいけません。効験が望めないだけでなく、思わぬ災厄を被るおそれがあるのです。

 

 

7.護符を速やかに手放すこと

 

 効験が現れて願いがかなったあとは、いつまでも持っていてはいけません。

 

また汚れたり破れたりした場合は使用をやめて、新たに書きなおしてください。

 

不要になった護符は、浄火で焼きます。清めたライターやマッチの火で護符を燃やし、残った灰を清流に流すのです。庭先やベランダにまいても大丈夫です。もっと簡単な方法は、神社で行うお守りやお札のお焚き上げにもっていって焼いてもらうことです。

 

また書写するときにできた失敗作も、まるめて捨てたりせずに浄火で焼かなくてはいけません。いい加減に扱えば、悪い作用を引き起こす恐れがあります。

 

 

「まじない秘伝」より

 






清水真人符
詳しくは「清水真人符」のページをご覧になってください

招財開運符
詳しくは「招財開運符」のページをご覧になってください

孚佑帝君符
詳しくは「孚佑帝君符」のページをご覧になってください

孚佑帝君符カード
詳しくは「孚佑帝君符カード」のページをご覧になってください

五路財神符
詳しくは「五路財神符」のページをご覧になってください

通天財神符カード
詳しくは「通天財神符カード」のページをご覧になってください




「関連ページ」

【家内安全の霊符】清水真人符を紹介
【開運の霊符】招財開運符を紹介
【千客万来の護符】孚佑帝君符を紹介
【金運のお札】孚佑帝君符カードを紹介
【千客万来の霊符】五路財神符を紹介
【金運の霊符】通天財神符カードを紹介


開運グッズ.com | ご利益や置き方の解説や通販サイトを紹介

開運グッズ.comのトップページへ
   
Copyright©2018 開運グッズ.com All Rights Reserved.