【四神獣の意味】置物の置き方も解説


開運グッズ.com
本文へジャンプ

開運グッズ.netのトップページへ

風水・化殺好転

化殺好転十二方位牌
風水盤

吊り下げ風水盤

風水メジャー(魯班尺)


風水・カエル

三脚蟾蜍

三脚蟾蜍(翡翠製)
大王三脚蟾蜍


風水・龍

龍亀

龍亀(翡翠製)

開運・水盃

山水龍の置物

双龍の置物

龍の置物(翡翠製)
春雷驚龍鍋

乾坤照寶九龍球


風水・ヒキュウ

ヒキュウ

ヒキュウ(翡翠製)
牛鈴


風水・四神

風水四神セット(猫目玉付)
八卦四神セット

四神相応について
四神獣について


風水・財布

呼び銭(發財銭)

財布に入れる縁起物・A
財布に入れる縁起物・B
財布に入れる縁起物・C

金運カード:白蛇

福財布

財布の色について
財布のお札の向きについて


ぶた貯金箱

金の豚貯金箱

ピギーバンク


風水・古銭

六帝古銭

十帝古銭

古銅銭剣

招財進寶八卦古銭
安忍水セット

大殺界とは何か


風水・獅子

獅子の置物

獅子牌

シーサー置物


風水・置物

元寶

麒麟の置物

九頭馬の置物

ひょうたん置物


風水・インテリア

馬蹄鉄

八白玉

五福臨門

招財進寶の竹製赤フサ飾り


風水・ステッカー

福ステッカー

キティちゃん・元寶ステッカー


風水・鏡

山海鎮平面鏡

金色八角鏡

龍虎八角鏡

ふくろう八角鏡

馬蹄型金色鏡

二十四山&八卦太極鏡

鏡の位置について


風水・財神

五姓財神セット

財神カード・関帝聖君
財神カード・福徳正神
財神3Dパネル(小)
財神3Dパネル(大)


風水・金紙

金紙・五路財神

金紙・福徳正神

金紙・天上聖母

金紙・八路財神セット
金紙・大壽金

金紙・福金

金箔金紙・招財

金箔金紙・福禄延寿
金箔金紙・五路財神騎驥
金箔金紙・五顕財神
先祖供養の方法について


護符・霊符

清水真人符

招財開運符

孚佑帝君符

孚佑帝君符カード
五路財神符

通天財神符カード
護符の書き方について


パワーストーン

ネット入り吊り下げ水晶(黄色)
ネット入り吊り下げ水晶(赤色)
ネット入り吊り下げ水晶(虹色)
多面カットクリスタルボール(透明)
多面カットクリスタルボール(黄色)
元寶(水晶製)

金針水晶

水晶の浄化方法について



>【四神獣の意味】置物の置き方も解説

四神獣の意味について


 風水最良の吉地と言われているのが「四神相応」の地です。これは陰陽五行に基づいた考えで、風水では各方位にそれぞれ守り神がいて、東に「青龍」、西に「白虎」、南に「朱雀」、北に「玄武」の四神が守り、さらにその中心を太極の陰陽を表す勾陳と?蛇が守っているとされています。

 

 こちらのページでは、各方位の守り神である四神こと四神獣「玄武」「青龍」「白虎」「朱雀」について説明させていただきます。

 

 

☆玄武の意味・・ライバルから財と運を守ってくれます

 

亀に絡みつく蛇を象徴するこの霊獣は、想像上の動物で、この亀と蛇の両方を一体化して玄武と呼ばれています。

 

 本来、玄武は二十八宿(東洋占星術の一つで、黄道に沿って天球を28に区分し、星の位置で吉凶を占う)中の「北方七宿星」を象徴したものでした。古代中国人の宇宙観では、半球体の円空を、四方が少し持ち上がった大地が支えていると考えられていたのです。

 

 実はこの亀、姿をよく見ると、その宇宙を象徴しています。星座の図が描かれた甲羅が天、腹が地であることを示し、亀の身体に絡んでいる蛇は、天地の間を変幻自在に循環する水と、流動する大気を表しているのです。

 

 玄武は、風水では四神のなかで、北の方位を守る霊獣とされています。また玄武は、場所の中心にいる主人が、向かっている方向の後方に座して、後ろからの攻撃を防ぐ役割を果たしています。そのため、中国の皇帝は北を背にして座り、その後ろには、亀と蛇の2つの置物を組み合わせて置いていたと言われています。

 

 奇妙な姿となったわけは、もともと天上の守護神であった玄武の逸話にあります。亀(玄)は玄武の胃が、蛇(武)は腸が姿を変えたもので、その話から、道教では「玄武玄天上帝」(玄武大帝・真武帝)と呼び、最高位の神の1つとして崇拝され、今なお深い信仰を受け続けているのです。

 

 また玄武は、古くは「楚辞」「周礼」にもその名が登場しますが、明の永楽帝の深い信仰によって、王室の守護神ともいうべき、高い地位を得たとされています。

 

 

☆青龍の意味・・財運や出世を招き入れます

 

風水では、地上すべての「気」は「龍の動き」と考えます。「生気は大地にあって、万物を生む」という言葉に表されるように、“大地から生まれる気”は、森羅万象すべての生命の源であり、その源である龍は、計り知れないパワーを持っていると考えるのです。

 

 よい気である“生気”は龍脈に宿り、その流れに沿って巡る。また、山脈を龍脈と見立てる場合もあるが、これは山並みの起伏に富んだ姿が龍を思い起させることから、山岳信仰と龍への崇拝が一緒になったためです。使い方次第で、見方にも敵にもなる龍を、うまく使いこなせるかどうかが、風水のポイントになります。

 

 また、水のあるところに龍がいるといわれるほど、龍と水はとても深いかかわりがあります。龍は水の力でエネルギーを得る動物だから、風水で龍の力を必要とするときには、水の使い方が重要なポイントになるのです。

 

 ですので、龍には毎日新鮮な水を差し上げることが大切です。水盃と言われる、龍に水をやるための専用盃に水を汲んで口元に置くと、龍が活躍する龍穴(パワースポット)となって、願望や夢を叶えてくれます。

 

さらに、この盃には「招財進寶」や「金玉満堂」という、財運を呼び込むメッセージが書かれているので、財運アップも期待できます。龍が飲み残した水は玄関にまいたり、植木に与えたりするなど、捨てずに利用するようにしてください。

 

 

☆白虎の意味・・邪気を退け、吉運を呼びます

 

 風水では、白虎が西を守るとされ、四神の中で唯一、凶を表す聖獣です。ですから、使い方を間違うと、人間関係に害を及ぼすことがあるため、用いる場合には慎重に扱わなくてはいけません。

 

 しかし、常に凶獣というわけではなく、「毒をもって毒を制す」と言うように、上手に利用すれば、虎の権威を取り込んで、素晴らしい開運および改運作用をもたらしてくれると言われています。

 

 そこで、おもに風水では、虎の持つ「他を威圧するような恐ろしい風格」に邪の気、陰の気を払う大きな効果があるとして利用します。外から侵入してくる強烈な「殺」は、虎で始末してしまうというわけです。

 

 虎の置物は、自分の座席の右側に置いて、対面している相手に、虎を飼いならしたようなイメージを抱かせたり、家の玄関や事務所の入り口などに置いて、守衛の役割をさせたりするのが一般的です。

 

 そうすることで、悪い気の侵入を防げるだけでなく、権威や闘争心を自分に移し替えることができるので、リーダーシップを必要とする人には最適な風水動物です。

 

 ただし、虎の力が龍よりも強すぎると「傷人之害」が起こりやすいため、龍の置物も置いて、力のバランスをとることが大切です。

 

 

☆朱雀の意味・・家運隆盛を授けてくれます

 

 陰陽五行説で火を象徴する、朱色をした朱雀は、南の方位を守る霊鳥です。そして、夏を象徴することから、不死鳥である火の鳥とも言われています。

 

 朱雀は、四神のうち前方に座し、はるか彼方の様子を見渡します。つまり、そこで行われる事柄の情報を収集する能力を表す鳥でもあるのです。

 

 そのため、風水では、朱雀が飛びやすいように、前方の空間を広くとるようにするとよいとされています。しかし、架空の動物のなかでも朱雀は、著述や絵画が非常に少ないため、残念ながら、その姿は謎に包まれています。

 




四神相応セット
風水四神セット
詳しくは「風水四神セット」のページをご覧になってください
四神獣の置物
八卦四神セット
詳しくは「八卦四神セット」のページをご覧になってください


「関連ページ」

【四神相応セット】風水の四神の置物を紹介
【四神獣の置物】風水の四神セットを紹介
【四神相応の意味】置物の置き方も解説


開運グッズ.com | ご利益や置き方の解説や通販サイトを紹介

開運グッズ.comのトップページへ
 

Copyright©2018 開運グッズ.com All Rights Reserved.